ごあいさつ

いよいよB.LEAGUEが開幕いたします。
この日本バスケットボール界の大きな歴史的瞬間であるB.LEAGUEファーストシーズンに「リンク栃木ブレックス」が参戦できるのも、チーム設立からJBL2、JBL、NBLと9シーズンをどんな時も変わらず熱く応援、そしてサポートし続けていただいたファンの皆様、スポンサー様をはじめとするステークホルダーの皆様のおかげです。この場をお借りして感謝いたします。
開幕へ向け、ファンの皆様の声、メディアへの露出など、今まで以上の「熱」を感じ、いよいよ始まると気が引き締まる思いでございます。

ここ数シーズンの結果に非常に悔しい思いはしておりますが、コーチ陣を中心とした選手ひとりひとりの経験や努力と成長で強固なチームワークを発揮し、着実にステップアップしている手応えを感じております。そんな中に3人の強力な新戦力も加わり、しっかりと準備をしてまいりました。リーグ開幕を迎え、新たなシーズンに挑戦することにわくわくしております。

今シーズンのスローガンは「TO THE MAX」です。
B.LEAGUEファーストシーズンは1度きりです。そのファーストシーズン最大の目標である「B.LEAGUE初代王者」に向け、常に選手、スタッフ全員が最大限の努力を注ぎ、選手たちの「最高のパフォーマンス」はもちろん、非日常のアリーナエンターテインメントの提供、快適に楽しんでいただける「質の高いアリーナ運営」、「健全経営」、戦績、集客、地域密着活動など様々な部分での「自己最高更新」を追及いたします。

この日本バスケットボール界の歴史的なシーズンに「栃木」の名を刻むため、ファンの皆様と一丸となり「B.LEAGUE初代王者」」を目指し戦っていくことを楽しみにしております。

引き続き多くの熱い応援、サポートのほど何卒宜しくお願い申し上げます。

会場でチーム一同、皆さまをお待ちしております。

TO THE MAX!!

鎌田眞吾

株式会社栃木ブレックス
代表取締役社長
sign_kamata.jpg

代表取締役社長 鎌田眞吾 経歴

株式会社栃木ブレックス代表取締役社長

略歴

1977年9月5日、東京都中央区生まれ。
2000年白鴎大学経営学部経営学科卒。大学時はバスケットボール部に所属し4年時には主将を務める。
2000年株式会社大塚商会に入社、OA機器営業職。同社のバスケットチームであった大塚商会アルファーズ(当時JBL日本リーグ)に所属し、2004-2005シーズンから2006-2007シーズンまで主将を務める。
2007年4月に大塚商会を退社後、ドリームチームエンターテインメント栃木(現 栃木ブレックス)のスポンサー営業を担当として入社、2008年5月より取締役に就任。2012年6月代表取締役に就任。2014年、日本トップリーグ連携機構「トップリーグトロフィー」を受賞。