MENU
  • line

LINK TOCHIGI BREX

MENU
NEWS

NEWS

HOME>ニュース>プレシーズンゲーム vs.広島ドラゴンフライズ ゲームレポート

プレシーズンゲーム vs.広島ドラゴンフライズ ゲームレポート

 

 

ゲームレポート


1Q

栃木 14 - 13 広島
広島に先制されるも、#9 遠藤の3Pシュートで初得点を挙げると相手のミスを誘い速攻から得点。
#31 喜多川がジャンパー、#18 鵤が3Pシュートを決めるも、オフェンスでのミスもあり、14-13で1Q終了。

01.jpg

 

 


 

 

2Q

栃木 38 - 31 広島
ボールをうまく回し、#46 生原が3Pシュート。
#31 喜多川、#9 遠藤のドライブイン、#46 生原のAND1、#13 ボーズマン、#30 山崎の3Pシュートなどで加点するなどし、38-31で前半終了。

02.jpg

 

 

 

 

3Q

栃木  50 - 51  広島
立ち上がり広島に連続得点を許すと、オフェンスでは約5分間フィールドゴールでの得点が止まってしまう。
速攻からの得点を見せるも、広島#11 北川に3Pシュート、ドライブインを決められるなどし、50-51で逆転され最終クォーターへ。

03.jpg

 

 

 

4Q

栃木  69 - 64  広島
インサイドで広島#42 コッツアーに得点を奪われ苦しい展開も
#46 生原がジャンパーそして気迫のディフェンスを見せ、#13 ボーズマンが連続得点し流れを食い止める。
勝負所で#10 竹内が3Pシュートを決め、69-64で勝利。

 

04.jpg


 

#13  ボーズマン 13PTS , 4R , 1AS
#9     遠藤   11PTS , 2R , 1ST
#46   生原  9PTS
#31   喜多川  7PTS , 2ST
#10   竹内 6PTS , 11R
#18    鵤 6PTS , 2R ,1AS

 

 

ヘッドコーチ・選手 コメント

長谷川ヘッドコーチ

 

hc.jpg

 

「今までプレータイムが少なかった選手や新加入の選手も含めて、チームとしての出来上がり度はまだ低いが、やらなければいけないことを少しでも遂行しようと臨んだ。
今日はディフェンス面で、前半はアウトサイドにプレッシャーをかけてターンオーバーを誘ったが、広島の外国籍選手にドライブでやられてしまった。
後半はビックマンの選手にインサイドをやられてしまった。
オフェンスでは、メンバーを色々と変えているので、ちょっと落ち着きがない場面が見受けられた。
そこは時間をかけて作っていきたいと思う。」

 

 


#9 遠藤 祐亮選手

 

en.jpg

 

「試合をするのは昨シーズンのファイナル以来の3ヶ月ぶりで、自分らしいプレーを心掛けたが、ミスが多かった。
後半では若干ゲームの感覚が戻って自分らしいプレーができたが、もっと積極的に攻めればよかったなというのが反省点。
(マレーシア遠征に向けて)どのチームとも自分より体の大きい選手とのマッチアップになると思うが、ディフェンスはもちろんオフェンスでも、
どうやって攻めれば点が取れるかや、仲間を生かせるかなど探しながら、良い経験を積みたい。」

 

 

 

#10 竹内 公輔選手

 

take.jpg

 

「突き離すことが出来ずにずっとシーソーゲームになってしまい、あまり気分よく勝てなかった。
広島はチャンピオンチームを食ってやろうという気持ちで、ブレックスはメンバーを試しながらお互いにどういうプレーが通用するのか探りながらやっていたので、そこで差が出て突き離せなかったと思う。
リバウンドは取れていたと思うが、出場時間の割にはシュートがなかなか打てなかったので、もっとシュートを決められるようにしたい。
(マレーシア遠征に向けて)個人的には、自分がもっと動いてシュートを打つ機会を増やしたい。
海外のフィジカルの強い選手相手に、ディフェンスやリバウンドで競り勝てるのか、挑戦してきたい。」

 

 

 

#46 生原 秀将 選手

 

ikuhara.jpg

 

「復帰してまだ3~4日だが、足はしっかりとトレーニングしていたし、心肺機能の面でも苦労はしなかった。
だが、まだボールに慣れていない部分もあったので、まだまだこれからコンディションをあげていきたいと思う。
オフェンスは自分らしく考えすぎずにやるというのが役割だと思うが、それよりもディフェンスが大事だと思う。
ディフェンスでは長谷川HCからは前から当たるように言われ、自分がそれをやることでチームの士気もあがると思うので、心掛けてプレーした。
(マレーシア遠征に向けて)スクリーンに対してのディフェンスが、先輩と比べるとまだまだなので、激しくやっていきたい。
オフェンス面では、もっとコントロールできるようにしたい。」

 

 

 

ページトップへ